Uのタイ・バンコクでアンチエイジング!

美しくなりたいの・・。 ほうれい線、たるみ、シミ、肝斑、クマ、毛穴・・ついにきた老化問題に全力で迎え撃つつもりの人のブログ。バンコク在住です。

クルアイカイ(卵バナナ)で鉄分とビタミンBを補給!

   

タイにはいろんな種類のバナナがあって、特に意識せずに食べています。

とはいえ、まあよくあるバナナと、食べたことがないかもしれない?バナナがあって。

今回はおそらく初めて食べたんじゃないかと思います。

いわゆる日本風の長いバナナ(クルアイホーム)もままあるにせよ、短いバナナが結構主流。

そして、短いバナナの中でも、よく焼きバナナにして売られているクルアイハックムックという、太くて角ばっていて身が固めで甘みが少ないものと、同じく角ばっているクルアイナムワー、そしていわゆるモンキーバナナ?な、短いというか、細くて小さいバナナ(クルアイニウムーナーン?)がよく売っているんだけど。。

今回は、短くてかなり丸っこい、なるほど卵っぽいとも言えるなーっていう形のクルアイカイ(กล้วยไข่)をゲット!

長さは親指ほどで形は何に似てるかな・・・とにかくコロンとしています。

で、今回、一番「ん!これは食べるの初めてに違いない」と思ったポイントは、身が真っ黄色!!!でびっくりしたから。

ここまで黄色い、、本当に卵の黄身くらいに黄色いバナナは初めてみました。

濃い黄色というか、橙色に近い色ですね。

齧ってびっくりの濃厚な色!

ちなみに側面は普通の薄黄色なので、断面を見なかったら気づかなかったです。

味は甘みは強いですが、スッキリ上品で癖がなく、あまりバナナ臭い感じがありません。

栄養価で特徴的なのは、他のバナナに比べて鉄分が多いことなんですって。

クルアイカイを食べることによって、健康な血液を保ちます。その上、クルアイカイにはカルシウム、リン、ビタミンB1 、ビタミンB2、ビタミンB3とビタミンCが豊富です。クルアイカイは種類が豊富で、クルアイカイ・トーン、クルアイカイ・トーンゴーイ、クルアイカイ・ボーラーン、クルアイカイ・プラタボーンなどがあります

http://www.thaiembassy.jp/rte1/index.php?option=com_content&view=article&id=355:4&catid=50:2009-09-09-01-54-21&Itemid=230

クルアイカイにもいろんな種類があるようですね、これはどれなんだろうなー。

ちっちゃいので、小腹がすいた時に、おやつがわりにぽいぽい食べれるのがなかなかいい感じ。

ビタミンBやビタミンC、カルシウムが豊富とのことなので、疲労時とか、ちょっとした体調不良時の食生活改善にも、まずはバナナを毎日一本食べる、とかしてみるだけでもだいぶ違うように思うわ。

バナナのいいところは、何と言っても手軽なところ。

どんなに忙しくても、バナナなら取り入れられるところ。

さて今日も果物をいっぱい買ってこようっと!

 - 体調不良, 疲労感, 貧血, 食生活改善

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

抗がん作用があるとして有名なサワーソップ(グヤバノ)はめちゃ美味だった。

タイではあまり見かけないフルーツ、サワーソップをスリランカで手に入れた! スリラ …

日本の化粧落としクレンジングオイル最前線!?リーズナブル編

    日本に帰ってきて、さてさて日本の最近のクレンジングお …

バリでホットストーン、これが良かった!!

バリ、クタにある禅というマッサージ屋さんをご存じだろうか。 私も最初はネット情報 …

ストレスで老けないために重要なこと!

実は8月にいったん、タイに帰りました。 いろいろと思うこともあったし、もちろん楽 …

スーパーフード、ビーポーレンで肌の不調を回復させる。

私事ですが、体調が不良です。 なんか鼻の横に変なニキビができるし、唇の左右に口角 …

トイレが近くならないビタミンCに出会えた★

ビタミンCを飲むとトイレが近くなるんですが、ビタミンCってそういう効果があるんで …

オフィスでつまめるヘルシーおやつ

日本に帰ってきて太ったんだけど、その原因のメインは、オフィスでのおやつ食べ過ぎ問 …

最近のお気に入り。ビーポーレン入りハチミツ!

ビーポーレン愛用者の私。 去年もビーポーレンの効果効能を記事にしました! 何が体 …

Red Kidney Beansで腸内環境改善&老けない食事。タイなら安い!

いやー、幸せ。 色々うまくいかないことがあっても、ご飯が美味しいとそれだけで幸せ …

タイで黒米は気軽に食べれるよ♪黒米で活性酸素除去!

  タイでは黒いお米がけっこう身近です。 もちろんいわゆるタイ米として …