Uのタイ・バンコクでアンチエイジング!

美しくなりたいの・・。 ほうれい線、たるみ、シミ、肝斑、クマ、毛穴・・ついにきた老化問題に全力で迎え撃つつもりの人のブログ。バンコク在住です。

タイの人気ブランド3種のマンゴスチン石鹸比較!

      2017/08/12

タイではマンゴスチン石鹸がいっぱい売られています。

タイ土産の定番はマンゴスチン石鹸でしょ?って言っても、過言じゃないと思います。

実際私も、万人受けする無難なタイ土産として、万人にオススメしていますし、自分も一時帰国時には結構買って帰ります。

 

マンゴスチン石鹸って何がいいの?

マンゴスチンのド紫色の外側の殻というか皮に抗酸化成分が豊富に含まれているんですよね。

よって、その成分が配合されたマンゴスチン石鹸にも、抗酸化作用があり、アンチエイジング効果があるんですよね。

またAHA成分によって、ピーリング効果、美白効果がもたらされます。

毛穴の黒ずみやお肌のくすみが気になる人にぴったり。

また殺菌効果によって、ニキビや背中のブツブツなどの吹き出物への効果、体臭予防効果も期待できます。

 

有名なのは何と言ってもアバイブーベのマンゴスチン石鹸。

マンゴスチン石鹸 5個セット 【タイ産】

 

でもそれと勝るとも劣らないMAITHONG(マイトーン)の石鹸をご存知ですか?

マンゴスチン ハーバルソープ 5セット「Maithong (マイ・トーン)」 (並行輸入商品)

 

こちら、セブンイレブンやらトップスやら、街中のメジャーなチェーン店でよく買えるんだけど。

タイにおいて、どこでもよく売ってる=それだけ人気と実績がある、ってことでもあるんです。

だから、「なんだありふれてるー」っていうより、「これは 実力派なんだな」って思った方がいい感じ。

マイトーンもその一つ。

私的には、マイトーンのマンゴスチン石鹸は、「タイの石鹸の中の鉄板中の鉄板」という位置を占めています。

なんどもリピートしているし、「間違いない」っていうポジション。

実はアバイブーベのマンゴスチン石鹸より使用感が好きだったりします。

他のいろんな石鹸を試すのに忙しくて、ここには書いてなかったけど、使用感が気持ちいいし、美白効果、角質除去効果が実感できるし、お値段、嵩ともに無難なので、お土産の鉄板としてもとっても重宝してるんですよー!

しかし。。。

今回実家に帰って悲しい事実が判明。

私がおそらく2年くらい前に買って帰ったお土産の石鹸をまだ使ってないじゃないか。

どうやら無難な贈答品として、あちこちからもらう石鹸。

両親だけでは使い切れないようです。

まあそうよねえ、今時の日本人ってボディソープとか洗顔フォームとか、ハンドウォッシュとかを結構使うので、固形石鹸の消費量ってそんなに高くないかもよねー。

そういう私はタイに来てからというもの、なんでも石鹸が当たり前ですけど。

石鹸にも消費期限があって、あまり古くなると勿体無いので、ここは私が久しぶりに使って使い心地を比較してみることにしました。

ちなみに今回、両親の家で発掘されたのは、KHAOKHO TALAYPU(カオコータレープ)のマンゴスチン石鹸。

実はこのブランドも私大好き。

Home base

茶色のクラフト紙で統一されたパッケージで知られる自然商品ブランド「カオコー・タレープー」の本拠地は、タイ中部ペチャブーン県のカオコー郡。海抜3000フィートの高原地帯で、30年ほど前から有機栽培の野菜やハーブ、お米などを独自生産し数々のオーガニック製品を生み出し、販売しています。

http://www.daco.co.th/information/19041/

パッケージからしてよりナチュラル志向。

アバイブーベよりむしろ好き。

シャンプーも、石鹸も色々使ってみてます。

特にここのブランドは、アンチャンシャンプーとコンディショナーがお気に入りで、アバイブーべのものより好き。

でも反対にアロエシャンプーとコンディショナーに関しては、ここのものよりも、アバイブーベのものが好き。

そういう感じで、石鹸も、種類によるんだよねー。

どれかはすごくよかったんだけど、どれかはイマイチだった。

というわけで、マンゴスチン石鹸はどうだったっけ?

そんなこんなもあって、開封して比較してみました。

 

タイの有名どころ3ブランドのマンゴスチン石鹸の比較

 

1)アバイブーベのマンゴスチン石鹸

色:濃い紫色
テクスチャー:固め
使用感:さっぱり

香り:そんなにしない
値段:30THB

内容量:100g

ポイント:タイのハーブ文化の伝統と近代的な研究成果の結晶であるタイの国家的ブランド「アバイブーベ」の製品なので、原材料へのこだわり、安全性、知名度はピカイチ。在タイ日本人にも信頼されているブランドです。

利益追及ではなく、高品質なものを適正価格で提供するところも素敵なブランドなのですが、そのぶん、お土産としては箱とかちょっと安っぽいかも?

あとは結構乾燥するので、脂性肌の人とか、さっぱりするせっけんが好きな人向け。

 

2)マイトーンのマンゴスチン石鹸

色:薄い紫色ー桜色
テクスチャー:柔らかめ
使用感:マイルド

香り:マイルド
値段:確か55THB

内容量:100g

ポイント:箱といい、箱から出すと薄い紙に包まれていて、銀のシールで封がされている感じとか、外装には一番高級感があるので、お土産としてはいいかも。マンゴスチン石鹸の良さである、AHA成分による美白効果、ピーリング効果も実感できるし、使用感も気持ちよく、オススメ。

 

3)カオコータレープのマンゴスチン石鹸

色:薄い茶色
テクスチャー:中間
使用感:よりマイルド

香り:結構する。でもナチュラルないい香り。
値段:確か55THBくらい?

内容量:80g

ポイント:こちらもタイでは有名なオーガニックブランドの製品なので、安心感あり。香り、使用感共に心地よく、いいと思うわ。ただお土産としては、石鹸の色といい、パッケージといい、マンゴスチンをより分かりやすく伝えているという意味で、マイトーンの方が向いてるかもしれないわね。ただもちろん、オーガニック好き、自然派商品好きの方にはこっちですね!

 

まとめ

同時進行で使い比べてはいないので、若干、記憶と印象に頼っているところあり。

あと私の鼻はよくないので、香りについても細かいことが言えずに失礼!

まあでもこんな感じ。

タイに来たらマンゴスチン石鹸。

おためしあれ!

 - abhaiherb, KHAOKHO TALAYPU, アジアの石鹸, タイのコスメブランド, バンコク美容, ホワイトニング, 色素沈着

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

コーセー・ビューティーセンターでディープクレンジング。

セントラルワールド内、伊勢丹の中にあるKOSE Beauty Center(コー …

東京でレーザー・トーニングが無料だった奇跡。

ビタミンC、トラネキサム酸、L-システイン。 色々飲んでるし、それなりに効果はあ …

ライチとバタフライピーのジャム

タイのロイヤルプロジェクトのブランドであるドイカムブランド。 http://ww …

タイのタナカソープ、青い箱のこちらもおすすめ♪

タイのタナカソープといえば、以前記事にしたDe Leaf Thanakaブランド …

歯のホワイトニングならツインロータスのハーブ歯磨き粉!

タイのハーブ歯磨き粉ってジャンルは割と面白いかもしれないな。 と思ったので、続け …

タイでナマズの串焼きを食べてみよう!

今、タイは深夜3時です。 眠いです。。 でもなんで頑張って起きているかというと、 …

シミ取りクリーム、ハイドロキノンの新入荷製品メロダーム。お買い得!

メロダーム (MelloDerm HQ) ハイドロキノン 4% 7g &nbsp …

若返りの果実マカームポム(Indian goose berry、アムラ、ユカン、エンブリカ)!

タイ語でมะขามป้อม(マカームポム)だけど、英語だとインディアン・グーズベ …

スターフルーツでダイエット!

  カットすると断面が星形になるかわいいスターフルーツ。 タイでは「マ …

ガルシニアティで正月太りを撃退する作戦。

最近なんだかブスです、私。 肌もなんか冴えないし、むくんでるし、髪型も変だし(こ …