Uのタイ・バンコクでアンチエイジング!

美しくなりたいの・・。 ほうれい線、たるみ、シミ、肝斑、クマ、毛穴・・ついにきた老化問題に全力で迎え撃つつもりの人のブログ。バンコク在住です。

バンコクでほくろをレーザー除去してみた。

      2017/05/25

Marilyn_Monroe_1961顔のほくろを除去してきました。ほぼ思いつきで!

行ったのはBTSビクトリアモニュメントから歩いてすぐの皮膚科研究所みたいな名前の病院。

あ、ここだ。

Institute of Dermatology

ほくろを取りたいって受付で言ったら、レーザー科みたいなところに回された。

英語は通じます!

で、かかった費用は薬代やドクターフィーなどすべてコミで3つで3000THB!

日本円に換算すると10500円だから、まあそんなに安くはないわ。

私の記憶では、日本でほくろをとると大体ひとつ1万円くらいということだったけど、それは保険がきかない場合で、意外と保険が効くケースもあるらしいからねえ。保険が聞けば、これくらい小さいほくろなら、数千円ですべて取れた可能性あり。

私がとったほくろの大きさも、すべて小さいしね。

2ミリで立体的なのが1つ、1ミリで立体的なのが1つ、1ミリで平らなのが1つって感じ。

まあでも、やっと重い腰を上げて取りに行ったわけだし、挑戦してみたー!!

まず、メイク落としと洗顔料(病院に置いてある)でメイクを落としてから、麻酔薬を塗られてまつこと1時間。

レーザー照射の時間です。

1mm程度の小さい二つは、まったく痛くなかったし、照射も一瞬。それぞれ2,3回の照射で終了。

一番大きいやつは事前からドクターに「コレに関しては痛いかもしれないから、あまり痛むようだったらすぐ教えてね。そしたら麻酔注射するから」と言われていた。

たしかに、痛かったけど、脱毛やら肌質改善やらといった美容系のレーザー照射でこの何倍も痛い思いをしてきた私からすれば、余裕のある痛みでした。

削っていく感じも痛みも、虫歯治療に近いかなー。

最初はそうでもないけど、深く抉っていくにしたがい、痛みが増してきて、まだ大丈夫かな?と少しひやひやしながら、いつでも左手をあげる準備をしつつ耐える、みたいな。

10回くらい照射してたかな。

最終的には、涙はちょっと出たけど、気分が悪くなったりするほどの激痛は走らなかった。

終わって鏡を渡されると、そこには、凹が三つ。

びっくりした。

ほくろ除去についてよく勉強してこなかった私がいけないのかもしれないけど、大きい陥没毛穴みたいな綺麗な穴が三つ。

血は出てなくて、茶色く見えるけど、影になってるだけなのかも。

「どう?」って聞かれても・・「よくわからん。これはこのあとよくなっていくってこと?」と訊くと、「何はともあれ黒いところは除去されているでしょ。」とのことでして。。

この時、安易にほくろ除去したことを、ちょっと後悔しました。

このドクターにとってほくろ除去とは、「何はともあれ黒いものをとる」ことなんだ!と。

で、消毒し、軟膏を塗ってもらい、絆創膏を貼ってもらって帰宅。

今日はそのままにしておいて、明日からの五日間は、毎朝・毎晩、生理食塩水で洗浄して軟膏をぬること。

五日間は水に濡らさないこと。

絆創膏は今日だけで、明日からはしなくていいこと。

数週間後にフォローアップで、見せにきてね!

4ヶ月くらいは紫外線を避けてね!

以上、という感じでした。

 

★よかったこと★

・痛みやショックが少なかったこと!

・傷口も綺麗で、出血などもなく、体の負担が少なかったこと!

・先生や看護婦さんは感じがよかったこと。

 

★悪かったこと★

・病院はすごく混んでたけど、レーザー科自体はそれほど混んでなくてすぐ診察してもらえたものの、薬を塗って待ってる1時間を除いても、がっつり3時間かかったので、ちょいお疲れ。

・790THBもする化粧水を勝手に買わされそうになった。これ必要なの?なんで必要なの?と薬局窓口で聞いても「保湿」という返事以外に帰ってこないので、そんな話は全然聞いてないからドクターに聞いてきていいか?とドクターに聞きに行ったら「間違い」とのこと。

・ドクターフィーが1200THBもした!ドクターフィーは施術代と同額発生するとかで、なんだそのシステム。

そうなの、タイって?それともここだけ?

っていうか私の記憶だと多分ここだけ。他の英語が通じるような病院で、ドクターフィー500THBでも、すごい高いなーと思った記憶あるし、そのときはレントゲン費用やらは同額じゃなかったもの。

・あともちろん外国人料ってシステムも、この病院で初めて見たわよ。

というわけで、かかった総費用3000THBの内訳は、

レーザー施術:1200THB

ドクターフィー1200THB

外国人料450THB

薬(抗生物質軟膏、生理食塩水)150THB

なのです。。。

というわけで、なかなかになんだかなーな明細である。

・帰ってきてからアフターケアについて調べると、キズパワーパッドによるモイストケアがいいという意見が結構多かった。そういうの、こっちの病院じゃまだまだ取り入れられてないのかな?少なくともこの病院では取り入れてなかった。(サランラップと白色ワセリンでトライするか)

・リスクに関しての説明は少なかったかなー。まあまずは三つくらいにしてみて、様子をみてみたら?体質によって、予後がどうなるかはわからないし。・・みたいな説明で、再発する可能性がどれくらいあるのかとか、そういえば聞けばよかった。

 

★今の課題★

傷口が乾いてないうちに、傷口の上から日焼け止めとか塗っていいのかな?

濡らすなと言われても、部位的にどうしても濡れちゃうんですけど!

まだ膿んでもないし、乾いてもいないから、サランラップと白色ワセリンでセルフ湿潤療法にトライするか!

 

★今の思い★

ほくろって、部位や大きさなどから明らかにないほうがいい場合だけ取ればいいんであって、今回の私みたいに、「ないならないでいい」くらいのほくろをとるのは辞めたほうがいいな。

ほくろを取ってみようかな、と思い立った理由としては、

・美容のプロフェッショナルの人に、美容上の一般論としては、ほくろはないほうが顔がすっきり見えると聞いたことがあり、「なるほどそうかも?」と思ったこと。

・それから、なんといってもフィギュアスケートの村主章枝選手がほくろを取って「早く取ったほうが良かったんじゃないの?」と思ったこと。

が大きかったわけですが。。

でも変な凹みや赤みが残っちゃうんだとしたら、または再発するんだとしたら、あんまりやる意味なかったわー、と。

まあ綺麗に治る可能性もあるけどね!

 

しかしほくろって、別にそれ自体悪いイメージはないじゃん。

というか、私はないし、コンプレックスもないので、「ああほくろだね」って解れば、別に存在をなんとも思わないものなんだよねえ。

だから、実際のところ、鏡で自分の顔をみても、ほくろなんて無視してるから、印象に残ってなかった。

 

でも人によっては第一印象を「あのほっぺたにホクロがある子」みたいな感じで、ホクロで認識してたりするのよねー。

忘れもしないわ。

学校の名前と顔くらいしかわからない先輩に、「あ、あのホクロがセクシーな」と枕詞をつけらたときのこと。

私のほくろ、そんなに存在感発揮してますか?

とね。

まあもちろんさあ、「いやセクシーなホクロだと思って」みたいな感じでフォローはしてくれるし、実際そういう風に「チャームポイント」と思われてるホクロもあると思うの。

マリリン・モンローみたいにわざわざホクロ書いてる人とかもいるわけだしね。

とはいえ、いやー、別にそんなにほくろで勝負してないからなー、みたいなね。

私がなんかのアイドルグループのセクシー担当とか、個性派ファッションモデルとかだったら、あえてホクロでキャラ立てとかもありな気はするけども。

まあそんなこと言ってきた人はそんなに多くはないので、そんな誰から見ても目がいくようなシロモノじゃないし、目がいったとしても、所詮は普通のホクロなので、一旦ホクロ認識されたら、気にならなくなるシロモノではあるんだけどねえ。

そしてホクロは個性、大切なオリジナリティ・・っていう気もしたけど、別にそんなに後生大事に固執するほどのオリジナリティでもないやね、とか思ったり。

でもね、本人や他人からはどうでもいいホクロでも、もしかしたら、あなたを愛する人ほど、あなたのホクロを偏愛している可能性はありますよ。

だから旦那さんのあなたのホクロへの思いとか聞いてみたほうがいいかもしれないね!?

まあそんなわけで、取るべきか取らざるべきか、ちょいっと悩んだのですが、まあものは試し、ということでやってみたんですけどね!

 

以上が、とったばかりの感想でした〜。

また経過をアップする予定です!

 

 - その他, バンコク美容

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

キズパワーパッドでホクロ除去痕を治す!(1)

ホクロ除去後のケアは湿潤療法で!?   私がネットで調べた限り、ホクロ …

蛇の鱗みたい?タイの珍フルーツ、サラ(snake fruit)は抗酸化フルーツ!

サラ、もう食べましたか〜? 私は昔、自分で買って食べた時はあんまり好みじゃないな …

オートミールでアンチエイジング&便秘予防!

老けたくなければ、オートミールを喰らえ タイのとある島のビーチのレストランにて。 …

ココナッツの花蜜、ココナッツフラワーシロップを入手!

タイ国産ブランドchiwadiの”coconut flower sy …

大腸癌を予防!胃炎や便秘にも効果ありなサポジラを食べる。

バンコク在住の皆さん、ラムット(サポジラ)はもう食べました? インドではチクー( …

アバイブーベ新製品、拭くだけメイク落とし♪

久しぶりにBTSスラサック駅前ビル、タイCCビルに入っているAbhaiherb( …

アンチエイジングに効くハーブティといえばアンチャン(バタフライピー)。

青い食べ物って、なかなかないよなーと思ってたんだけど、ここタイにはある。 青いご …

タイのタナカソープ、青い箱のこちらもおすすめ♪

タイのタナカソープといえば、以前記事にしたDe Leaf Thanakaブランド …

コーセー・ビューティーセンターでディープクレンジング。

セントラルワールド内、伊勢丹の中にあるKOSE Beauty Center(コー …

インド秘伝白髪と抜け毛対策にココナッツオイルが効く

インド人は、アーモンドオイルを髪に刷り込むんだよねえ。 というのは知ってた。 実 …