Uのタイ・バンコクでアンチエイジング!

美しくなりたいの・・。 ほうれい線、たるみ、シミ、肝斑、クマ、毛穴・・ついにきた老化問題に全力で迎え撃つつもりの人のブログ。バンコク在住です。→2019年現在はベトナム、ホーチミン在住です。

iHerb マルチビタミンミネラル3種類と鉄剤の比較

   

2種類しかないのは1種類は飲み終わって捨てちゃったから。

下記の通り、iHerbのマルチミネラルで20年来の貧血改善の野望を果たした私だけど、その前には全然改善しなかった鉄剤もある。

それがこちら、SOLGERの鉄剤。

ただこちらの鉄剤、「胃に優しい」という素敵なところもあって、iHerbでの評価も高い。

私は数ヶ月、大いなる期待を胸に、すごく真面目に毎日せっせと飲んで、いざ!と貧血の数値検査したら変わってなくて、すごくがっかりしたけど。

でも胃への刺激は本当になかった。貧血と数十年来のお付き合いをしている私だが、鉄剤は胃への刺激が強くて、気持ち悪くなってしまい、えづいて吐いたりして飲めたもんじゃない、というね、そういう苦しみがあるので、結局飲み続けなくなってしまったりするのよね。。。

なので、その悩みを消してくれる画期的な商品が、こういう日本では販売許可されていないけど、アメリカではサプリメントで手に入る、というような品なのよね。

ただし、なぜ日本で販売許可されていないのか、それは危険だからです。

「キレート化鉄(ビスグリシン酸鉄)」と原材料に書いてあるけど、こいつが胃粘膜への刺激はなくて、吸収率も高い代わりに、キレート鉄は過剰に吸収されて蓄積されてしまうリスクもあるとのこと。

ご存知とは思いますが、鉄は不足しても問題ですが、過剰になっても問題で、逆に体調不良を起こしてしまうのです。

なので、日本のお医者さんは、海外鉄サプリは今すぐやめろ!とか、キレート鉄は危険!と発信されてますよね。

まあ、日本の病院で処方される鉄剤は、胃に強くて気持ち悪くなって飲めない、という事情があるからみんな海外サプリに走りがちなんだから、それをなんとかしてほしいけどね。

ちなみに、私は「鉄欠乏性貧血」と病院で診断されているので、鉄を積極的に取ろうとしてますが、生理のない方(男性とか閉経後の女性とか)が、勝手に鉄をサプリで補ったりすると、逆に鉄過剰で体調不良になる可能性も高いのでご注意を。

なので男性は鉄不足になる人が少ないので、男性用マルチミネラルには鉄が入ってないし、WOMENとわざわざ書いてるマルチミネラルには鉄が入っている(シニア女性向けは入っているが量が控えめ)というカラクリです、念の為。

お子様向け、男性向け、シニア向け、などなど、色々あるので女性向けじゃないマルチミネラルに興味がある方はこちらからどうぞ。

ちなみにセントリーウーマンに含まれている方の鉄は、「フマル酸第一鉄」という種類の鉄で、こちらは特に危険という情報はなさそうなので、その点でも安心ですな。

だがしかし、私は色々なマルチミネラルを試してみたい、という野望があったので、他にも2種類のマルチミネラルを同時購入してたのよね。

ちなみにその時の購入した商品一覧はこちらだよ。

今はセントリーウーマンを飲み終わってしまったので、今は違うマルチビタミンミネラルを飲んでいるんだが、今気づいた!なんと3種類とも全部「21th Century」のプロダクトじゃないか!

しかも全部女性向けのマルチミネラル、一体何が違うの?

飲み終わったけど、良かったのがこちら

21st Century, セントリーウーマン、マルチビタミン&マルチミネラルサプリメント、120粒(発売:2018〜)

鉄(フマル酸第一鉄)18mg100%
Iron (as Ferrous Fumarate)

今飲んでいるのがこちら

21st Century, ワンデイリー、女性用、100粒(発売:2010〜)

鉄(フマル酸第一鉄)18mg100%
Iron (as Ferrous Fumarate)

で、まだ在庫されていて飲み始めてないのが以下。

21st Century, メガマルチ, 女性用, マルチビタミン&マルチミネラル, 90粒(発売:2008〜)

鉄(アミノ酸キレート)27 mg150%
Iron (as Amino Acid Chelate)

ちなみに、今飲んでいるのはワンデイリーなんだけど、セントリーウーマンと鉄の種類と含有量は一緒だったので、ほっとしている。

セントリーウーマンとワンデイリーの違いが何かというと、基本的には似ているんだけど、セントリーウーマンの方が8年ほど新しいのよね、発売日が。

なのでベーシックなワンデイリーに対して、さらにいくつかの種類の成分を加えて、含有量も少し多くしている、という感じかと。

言うなれば、ビオフェルミンSとビオフェルミンSプラスの関係性みたいな感じかなと。

ビオフェルミンそれ自体ですでに完成された素晴らしい商品ですが、さらにもうちょっと加えてさらに完璧にしてみたつもりだけど、みんなどう思う?的なね。

ちなみにビオフェルミンプラスは、ロンガム菌がプラスされたんだけど、この菌が合う合わないは人によるので、必ずしもプラスの方がいいわけでもないというね。

さて、それではまだ飲んでないメガプラスは何かというと、「メガ」の意味がわかったわ。

ほぼ全ての成分が過剰に入っているの。

ちょっと笑っちゃうレベルで入っている、300%とか6000%とか、え?何かの間違いかな?というくらいに入ってるものもある。

特筆すべきは、特にこのあたりのメガ量っぷりか。

チアミン(チアミン硝酸塩、ビタミンB-1)80 mg6,667%
リボフラビン(ビタミンB2)80 mg6,154%
ナイアシン(ナイアシンアミド)80 mg500%
ビタミンB6(ピリドキシン塩酸塩)80 mg4,706%
葉酸667 mcg DFE
(葉酸400 mcg)
167%
ビタミンB12(シアノコバラミン)80 mcg3,333%
ビオチン80 mcg267%
パントテン酸(D-パントテン酸カルシウム)80 mg1,600%

冗談みたいだけど、すごいロングセラーみたいで、2008年発売で、評価数も一番多いのよね。

ちなみにパントテン酸ってなんだっけ?と思ったけど、やばいつい昨日買ったサプリじゃん!!

しまった、この買ったはいいけど飲んでないサプリの成分量を調べてからにすれば良かった・・・。

しかもパントテン酸はなんで買おうと思ったのか覚えてないけど、カートに入ったままになってたので、「ふーん、面白そうかも?」というノリで買ったんだけど、よーーーく記憶を遡ってみると、疲労感もしくはメンタル不調がなかなか抜けない時があって、もしも副腎疲労がからんでるのであれば、パントテン酸がきくかもしれないと思ったのではないかと思われる。

でも買わなかったのは、マルチミネラルにいっぱい含有されてるじゃーん!単体で買う必要ないし!という話だったのかも。。

あとビオチンもね、単体でサプリ飲んでたことある=うたわれている効果がかなり魅力的だったはず(もはや忘れたが・・)という感じで、これ一粒で色々入ってるのは面白い。

ただし、鉄剤は悪評高きキレート鉄じゃないか!

しかも含有量も150%だし・・・。

結論

メガマルチは毎日飲み続けるものではなく、だいぶ体調不良の時なんかにカンフル剤みたいに飲むのがいいかも。

なんかとにかくものすごく疲労・体調不良・メンタル不良・二日酔い・・みたいな時にガツンと。

ビタミンB群もかなり大容量で含まれているし、例え効果なくても、6000%とか思ってると、すげええらいもんを取り入れた気分でプラシーボ効果もありそうだし。

そして最低限毎日飲んでおこうという、毎日使いなら800円から900円程度で100錠というお試しで手が出しやすい価格帯のワンデイリーで充分な気がする!

まあいうてもセントリーウーマンも1200円程度で120錠、含有量多めなので、割高って感じでもないし(計算してないけど割安な可能性すらある)、私はこちらを飲み切ってすごく良かったので、こちらを選ぶかもしれないけど。(ワンデイリーは最近飲み始めたばかりなのでなんとも言えないけど、今のところ特に不満なし。)

ちなみに私が昨日買ったIHerbの商品のリストはこちらだよ。

6/29までサプリメント20%OFF祭りをやってるみたいなので、今がお得。

久しぶりにリポソームビタミンCを購入したんだけど、昔買ってきた時から早数年、今時はカプセル状のリポソームビタミンCがあるんだね。いつの間にか時代が進化していて、感動!!

この辺りもいつかレビューしたいわ。

 - iHerb, depression, mental health, antiaging, AntiStress, Vitamin C, poor physical condition, antioxidants, adult disease, fatigue, anemia, Healthy Dietary Habits , , , , , , , , , ,

Message

Your email address will not be published. Required fields are marked *

  関連記事

今更だけどココナッツウォーターって何が凄いんだっけ?

ココナッツジュース、最近はむしろココナッツウォーターという呼称のほうがメジャーか …

マトゥームティ(ベールフルーツ・ティ)で腫瘍の拡大抑止!!

  なんか見たことある!オシャレなオーナメントとかで!! というのが私の初見の感 …

青汁で便秘予防→美の底上げ。

先日、iHerbで買い物をした際に、なんとなく他人のブログを見ていて欲しくなって …

ひまわりの種の効能!タイではよく食べるのよ〜。

ひまわりの種といえば、ハムスターやらリスやらの餌ですよね、日本では。 でもタイで …

オートミールでアンチエイジング&便秘予防!

老けたくなければ、オートミールを喰らえ タイのとある島のビーチのレストランにて。 …

効果実感。カプセル型リポソームビタミンC!

昔はよく、ジェル状のリポソームビタミンCをiHerbで買って飲んでたものだけど、 …

絶対焼けない日焼け止めを海で使って検証。

そう、実はメンズ用の日焼け止めなんですよ。 私はこの日焼け止め、いろんな日焼け止 …

Spirulinaパウダーで細胞からアンチエイジング

Spirulina(スピルリナ)、食べてます。 スピルリナが、未来食だとか、スー …

Small but still Super Food! Oyster in Thailand.

最近タイの牡蠣を見直しています。   Oysters are the …

タイのおすすめオーガニックシャンプー!

タイでお気に入りのシャンプーが見つかるかは、バンコクに移住してみるまでちょっと眉 …