Uのタイ・バンコクでアンチエイジング!

美しくなりたいの・・。 ほうれい線、たるみ、シミ、肝斑、クマ、毛穴・・ついにきた老化問題に全力で迎え撃つつもりの人のブログ。バンコク在住です。

ホクロを取って1年3ヶ月。その後どうなったか。

      2017/05/22

ほくろを取って1年3ヶ月も経ってることに気づきました。

その後どうか?

三つほくろを取ったのですが、そのうちの二つはもはやどこにあったのか記憶もあいまい。

顔をみてその後を探しても、まあよく探せばあるかもしれないけど、パッと見わからない!

残りの一つ、一番目立っていたほくろに関しては、結構アトがしっかり残っています。

ちょっと隆起が残っていて、名残はある。

でもまあこれはこれで別にいいかなという感じ。

やっぱり黒い隆起と、無色ーというか肌と同色の隆起では雲底の差だし、よく見なければ気づかないし、そんなに気にならない。

ホクロ除去後、1年3ヶ月後の感想

やっぱりね、やってよかったなという感想は変わっていません。

黒子を取りに行く時は、多少の不安があった。

金銭的負担もそこまで大きくないとはいえ、それなりにあるし、そうまでして取るべきものなのだろうか?

取る意味があるのだろうか?

という道徳的というか、哲学的というか、社会学的というか・・・とにかく黒子を取る意義については迷う部分があった。

 

でもそれでも取ってよかったと思う理由

やっぱりね、部位的に見て、可愛さというか愛着が増したと思いました。

どういう意味かというと。

まあこれは一例なのですが、例えばあなたの親指にホクロがあったのを取った場合、自分の親指が前より可愛くなったと思うという感じです。

ホクロに特に悪い印象は抱いていませんから、別にあってもよかったんだけど、とはいえ「これは悪いものじゃないから」と自分の脳に言い訳してスルーしていたような気がするんです。

そこにちょっとした生理的な嫌悪感やら、それがなくても、なんとなくそこに目がいってしまうような悪目立ち感、そういうのも、自分の顔で毎日見てるから、見慣れるんです。

あってもなくても、もはや気づかないし、なんとも思わない。

でもおそらく初めて私の顔を見た人は、一瞬そこに目がいくし、無意識的になにがしかの印象をもつわけです。

そう思ったのも、黒子がないそのパーツを見慣れると、やっぱり気持ちが良いというか、清々しさを感じるんですよね。

例えば、うちにはチンチョー(ヤモリ)がいます。

ヤモリは可愛いし、悪いやつじゃないんです。

だから住んでてもOKです。

でもやっぱり、いるのといないのとどっちがいいかといったら、いない方がいいでしょう。

ガサガサっていって、その度に「ああなんだ、ヤモリか」と思う一手間、それがない。

ゴキブリじゃなくてヤモリで良かった。

そう思うその一手間。

それはつまり。

鼻くそじゃなくてホクロで良かった。

青のりじゃなくてホクロで良かった。

マスカラの汚れじゃなくてホクロで良かった。

ゴミじゃなくてホクロで良かった。

に、似ている。

そんな感じかな?(^_^;)

 

またホクロを取りたくなってきた

私はホクロが多い方なので、まだまだ顔には黒子があります。

私の顔には象徴的といってもいいくらいのホクロが二つあったのですが、一つはまだ取っていません。

これを取ることは、私のアイデンティティーの崩壊・・・大げさか・・・というか、まあ生まれ変わるくらいの私ver.2になるくらいの感じはあるでしょう。

ちょうど椎名林檎が鼻の脇のホクロを除去したような感じですかね。

でも、このホクロに縛られることもないんですよね。

それってなんとなく、生まれに縛られているようなものだと思うんです。

でもそんなことじゃないものね、私らしさって。

もちろん、切開して取る・・っていう時代だとしたら考え方も違うだろうな。

そこまでして取る必要もないでしょって感じ。

でもこの時代、レーザーでサクッと取れてしまう。

みんながシミ取りレーザーに当たり前に通うような社会にいて(まあバンコク在住だとそんな感じですね。)、シミは普通に取るのに、同程度に、もしくはそれ以上簡単に取れるホクロを取らないでおくっていうのもナンセンス。

 

追加でホクロをもっと取ろうかなと思う、もう一つの理由

ここにきて、また黒子を取ろうかなと思った理由があります。

それは、最近知り合った人の影響です。

その人はとても整った顔立ちやスタイルをしていて、逆にいえばこれといって目を引くような特徴的なパーツがありません。

そのせいでしょうか。

私はその方の顔のホクロにいつだって注視している自分に気づきました。

とてもいい方で私は大好きなのですが、その方のイメージが「菩薩」であるのは、キャラクターのせいだけではなくて、ひたいにあるホクロがなんとなく大仏を連想させるからだとふと気づいてしまったのです。

大仏といえば昔「沢田さんのホクロ」という、まさに大仏チックな黒子があって悩む女の子の話を、小学校の道徳の時間だったか、国語の時間だったかに習いましたけど、全然沢田さんほどじゃないんです。

取るに足らない、控えめな小さなホクロで、額のまん真ん中にあるわけでもない。

それでも人は、特徴的なものに、悪気なく目が吸い寄せられるのだなあ、と。。。

そう思ったら、うん、私も別に人にホクロの印象をムダに残さなくていいや、と思ったのでした。

ま、どうでもいいですね〜(笑)。

 

 - その他

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

ついにタイで発見!ダニ退治商品!犬猫用だけどw

https://www.facebook.com/cleanerandcare/ …

マダムヘンの石鹸でオススメなのはおばさん印じゃありません。

今更説明不要なくらい、タイで有名な石鹸ブランドといえば、マダムヘン。 おばさん印 …

当ブログが「Arche+」白雪肌の作り方特集にちょこっと掲載されました♪

Arche+(アーチプラス)のインタビューを受けたよ〜。 そしてちゃんと記事にな …

タイ王国とタンポン。

今回は美容情報でもアンチエイジング情報でもないけど、女性向けの大事なタイ情報とい …

紅茶湿布は腫れをとる効果が絶大!まじすごいです。

今回はただのライフハックなのですが。。 タイともバンコクともアンチエイジングとも …

ほくろレーザー除去後1ヶ月の経過報告。

先日、思いつきで顔のほくろを三つ除去してから1ヶ月が経過しました。 結局、傷がふ …

タイで膀胱炎になるの巻。膀胱炎の薬はコレ!

膀胱炎は女性にとって身近な病気! さらにタイではなりやすい?なんてうわさも聞くの …

まつ毛が伸びるルミガンをタイで買う。

遅ればせながら、女子会でお姉様方に教えてもらって、私も入手。 すでに利用中の女子 …

タイでのダニ退治有効情報!?

今日はアンチエイジング情報じゃなくて、ただのバンコク生活情報です。 いやあー、、 …

中国行ったので花椒粉(ホアジャオ?カショウ!?)買ってきたよ!

日本で最近流行ってるもの~、、といえば「花椒粉」も!! こんなん、4年前は全然流 …